リフレクソロジー一覧

リフレクソロジーとは

リフレクソロジー

リフレクソロジーReflexologyは Reflex=反射 logy=学問

反射学とは、身体の部位(足裏や手など)に全身が反射投影されると考えます。

「手や足を揉む」という週間は古代から世界各地で存在していたことが壁画に描かれる絵や現在残される民族の習慣などからも分かっています。そこから「リフレクソロジー・反射学」として理論が確立されたのはまだまだ最近のことです。

リフレクソロジーを体系化したのは20世紀初頭に活躍した耳鼻咽喉科のアメリカ人医師、ウィリアム・フィッツジェラルド博士。

そもそもは、麻酔が発達していなかった当時、治療中に患者が痛みを我慢するため、必ず手のひらや足裏の一部をどこかに押し当てて我慢する姿が目についたことに始まります。 そして、治療中に手足の一部に刺激を加えながら治療した時と、何もしなかった時との痛み方の違い、手足と身体との相互関係を研究し、データを蓄積していくことになります。そして研究を重ね、「人間の身体には、頭のてっぺんから足先まで流れる10本のエネルギーラインが存在する」というリフレクソロジーの基礎となる理論を確立していきます。

フィッツジェラルド博士は、足の趾や手の指などゾーン内の特定の場所に刺激を加えることで、間接的にそのゾーン内にある臓器に刺激が伝わり、機能を活性化すると考えました。

足裏の「ツボ」と「反射区」が混同されることもはしばしばですが・・・

反射区→10本のエネルギーラインが理論のベース。足や手など身体の一部に全身が反射投影されます。

ツボ→経絡が理論のベース。全身に分布します。

 

ハーフリフレクソロジーはスッキリあったかコースで受けていただけます。

フルリフレクソロジーコース(リフレクソロジー50分)もございます。お問い合わせください。

 

 

 

お問い合せはこちら
Tel:080-1585-0802